ヤミ金に注意

消費者金融を生業としている業者というのは必ず貸金業法に基づいて国に届出を出しているはずです。
消費者金融で有名な企業について見てみると登録番号があるはずです。
登録番号がないにもかかわらず貸金業を行っているというのはヤミ金融になります。
ヤミ金融は貸金業登録を行っていなかったり、貸金業法に従った営業を行っていないという業者です。
ヤミ金融は違法金融業者になります。
ヤミ金融に手を出してしまうとなかなか完済まで行かないことが多いです。
ヤミ金融の場合は申しこむまでは借りやすいような雰囲気を出すわけですが、そこにつかまってしまうと蟻地獄のようにいつまでたっても返済が終わることがなく、過剰な取り立ても行われます。
仮に返済を終えたとしてもヤミ金融にとってはカモにされていつまでたっても付きまとわれることになります。
そもそも貸金業法を守ろうという業者ではないので、ヤミ金融に手を出さないとか関わらないということが一番いいです。
ヤミ金融とはどういう業者かというと、一番わかりやすい例では090金融でしょう。
貸金業法では貸金業の登録を行う時には固定電話の電話番号を設置しないといけないことになります。
そのため、固定電話の電話番号がないのであれば違法になります。
電話ボックスや電柱などに携帯電話の番号を掲示している貸金業者は違法業者となりますので、そういう業者には手を出さないほうがいいです。
他には紹介屋と言って自社ではなんだかんだ言ってお金を借りることはできないわけですが別のヤミ金融を紹介してそこでお金を借りることが出来たら、後から法外な紹介料をだまし取るというような手口があります。
ヤミ金融の被害に遭ったのであれば自分一人で解決できる問題ではないので、一刻も早く消費生活センターや法テラスなどの機関に相談したほうがいいです。
借金が多くてヤミ金融に手を出さざるを得ない人であってもそういうところに相談したほうがいいです。


Comments are closed.