無理のない返済を行うためには

消費者金融で現金を借りるということになると、この現金は必ず返済しないといけないです。
現金を借りた時ではなく、借りる前からどうやって返済していくのかということについて考えておいたほうがいいです。
利用限度額まで現金を借りると返済が苦しくなるのが目に見えていますので、どれだけ返済のことを考えながら利用するのかということがポイントになってきます。
一般的には年収の10%から20%程度にキャッシングの利用をとどめておいたほうがいいと言われています。
年収が少ない人であれば10%程度でとどめておかないと返済が苦しくなってきます。
年収が1,000万円以上もあるのであれば20%程度がぎりぎりのラインになるでしょう。
もし現金を借りるという予定があれば、業者のサイトに返済シミュレーションというものがあります。
借りる現金額を入力すると月々どのくらい返済しないといけないのかとか、毎月の返済可能額から借りられる現金額などを計算してくれます。
こういう返済シミュレーションを利用することで返済計画が立てやすくなります。
消費者金融などで現金を借りるときには借りた元本だけ返済すればいいという風に思うかもしれませんが、元本にかかる金利分の利息も同時に返済していかないといけないことになります。
できることであれば年利が安いところで借りるとそれだけ利息を支払う必要がなくなりますので、返済が多少は楽になってきます。
返済期間が長くなるというのは月々の返済額は少なくなりますが、返済期間分だけ利息を支払う必要があるという点には注意しておいたほうがいいです。
余裕があれば繰り上げ返済などして短期で返済していったほうがいいです。
もし返済できないとか返済に遅れそうということであれば、早めに業者に相談してみるのもいいかもしれません。
黙って返済しないということが続けば業者側が取り立てに来るでしょうし、返済事故情報を個人信用情報機関に登録されます。
最終手段としては差し押さえということもあり得ます。


Comments are closed.