消費者金融の審査により限度額が決定される

消費者金融のキャッシングの申し込みをする際には融資の可否について審査されるわけですが、審査をパスした時にはカードをもらうと共に利用限度額が設定されます。
利用限度額が30万円ということであれば、30万円までは利用することができるということを意味します。
申し込み時の融資希望額が50万円だったとしても、審査の結果その通りになるかもしれませんし、減額された額で設定されるということがあります。
キャッシングの申し込みを行った場合にいくらまで借りられるのかというと、改正貸金業法の総量規制により年収の1/3を超える貸付ができないということになります。
年収が300万円しかないのであれば、他社借入も含めて最大で100万円しか貸し付けることができません。
このことを契約限度額と言います。
申し込み時には実際のところ契約限度額に対して利用限度額は低めに持っていくことが多いです。
審査によって利用限度額は変わってきます。
審査で特に見られているポイントというのは各社ともそれほど変わりがありません。
どの業者も見るポイントとしては顧客がちゃんと返済できるのかということです。
返済するためには職業や年収というのは大事なポイントになりますし、他社借入額(他社借入件数)が少ないほうがいいわけです。
利用限度額については申込時の審査時に決まった利用限度額のままというわけではありません。
顧客の利用状況によっては利用限度額が上がったり下がったりすることがあります。
しっかり返済を行っていたり、他社借入が無い状況が続いているということになりますと、信用度が高いことになりますので契約限度額の範囲まで利用限度額が上がる可能性はあります。
しかしながら、返済が滞っていたり、他社借入が増えて行っている状況であれば利用限度額が下がる可能性があり、最悪であれば利用限度額が0円ということもあり得ます。
そこのところはカードをもらってからも注意してもらいたいところです。


Comments are closed.